金継ぎの他、漆を用いてこの様な器を作っています。

漆という素材はとても素敵な物です。漆の器は口当たりもよく柔らかみのある器です。

器は展示会の他、自宅ギャラリーでも購入ができます。

お食い初めの器

お食い初めとは生後百日または百二十日目に 「この子が一生食べ物に困らないように」と願いを込めて初めてご飯を食べる祝い事です。

 

漆工房ぬしやのお食い初めの器の特徴

 

● 器にお名前が書けるます。

漢字、ひらがな、カタカナ、ローマ字など

 

● 字の色、器の色をお選びいただけます。

 

● お食い初めが終わった後でも自分の食器として使える様にシンプルに作ってあります。


木地はケヤキと水目桜の木を使用


器のベースとなる木地はケヤキや水目桜を使用しています。地元山中温泉の木地師にお願いして何年もねかした良質な木を木を削ってもらいます。一つ一つ削った木地は何とも言えない温かみを持っています。

 


漆を塗り重ね器を丈夫にします。